RPAとは

RPA PAD 自動化

RPAとは

RPAとはRobotic Process Automation(ロボティック プロセス オートメーション)の略で、ロボットによる業務自動化を意味します。
PC上で行う業務を登録し、ロボットで自動化をします。

※ロボットと聞くと工業用ロボットや形のあるロボットをイメージしますが、RPAでのロボットとはパソコンにインストールするソフトウェアのことです。

データの入力や転記、ファイルの複製といった単純作業かつ繰り返しの業務を自動化してくれるので、業務改善や働き方改革につながる手法として注目を集めています。

RPAの仕組み

RPAのツールを導入しただけでは、ロボットによる業務自動化はできません。
業務の手順を1つ1つロボットに覚えさせる必要があります。

ボタンを押す日付を入力する計算をするファイルを開く名前を付けて保存する
そういったパソコンで行う動作1つ1つの手順をロボットに記憶させることをフロー又はシナリオの作成といいます。

※フローは流れ、シナリオは台本を意味します、つまり業務の手順書を作成するということです。

PRAが広まっている背景

RPA(Robotic Process Automation)ロボットによる業務自動化が広まっている背景には大きく2つあります。

1.人手不足

少子高齢化とそれに伴う労働人口の減少により、多くの業界で人手不足に悩まされています。
業務改善や新規事業に力を入れたいけど日々の業務に追われて時間がないそんな企業の声もよく耳にします。

2.働き方改革の実現

政府が目指している働き方改革は少ない労働力で生産性を維持することを目的の一つとしており
ITを活用して人間の業務を減らしていくことが進んでいます。

中小企業にこそRPAの恩恵が大きい

人手不足や働き方改革については中小企業ほど悩まされている問題です。
若い人材が確保できない。日常業務に追われて業務改善に手が回らない。
そんな企業ことRPAを活用し、単純業務の自動化を進め、人材の問題解決や業務改善につながります。

まとめ

RPA…ロボットによる業務自動化はこれからのビジネスにおいて重要な要素となります。
株式会社OAビジネスサポートではお客様に仕組みを理解してもらったうえでの導入を心掛けています。
少しでも興味のある方は是非お問い合わせください。

株式会社OAビジネスサポートでは企業に合ったRPAを提供しております。